top of page

好転反応



こんにちは。心と体のセラピスト✨ 

末包ひろきです。



今日は、ヒーリングやセラピーを受けられた後の

好転反応について、少しお話ししたいと思います。



まず、ヒーリングやセラピーなどを受けたあとで

好転反応がでるかどうかということについてですが


「可能性はある」


と思っています。



ただ、だからといって必要以上にそれを恐れる必要はないと思っています。

逆に心配しないことの方が大切です。



というのも、

僕もヒーリングを受けて頭痛がしたこともありますし

一時的に体が重くてだるくなったこともあるからなんです。




この、僕が感じたものも、好転反応といわれるものです。



じゃあ、好転反応っていったい何なの?


という質問が聞こえてきそうなの

一度ここで好転反応について説明させて頂きます。



この、好転反応といわれるものは

特に東洋医学系の療法やセラピーなんかで出やすいものです。



東洋医学も色々あると思いますが

たとえば


マッサージ系や自然薬、ハーブやアロマテラピー、漢方系とか、そんな感じのものです。



僕のサロンで提供させていただいている

レイキヒーリング 

はもちろん東洋医学の分類に含まれますし


音叉ヒーリング

なんかも、音叉の周波数を使っていますが

東洋医学でよく使われる概念の、経絡やツボなどのポイントに周波数を入れていったりもしますので、東洋系といえば東洋系とも言えると思います。




では、好転反応がいつおこるのか?

というと、今までの経験からお答えすると

ヒーリングや療法を受けたあと、半日~2日間ほどの間に起こることが多いです。



これは、ヒーリングやセラピーを受けることによって

または漢方薬などを飲んだりすることで


その方の体内にもともと備わっている

自然治癒力という力が目覚め始めるからだと考えられます。


そして、この自然治癒力の目覚めが起こった時に、好転反応が起こることがあります。



とはいっても、好転反応がでるか出ないかは人によって本当に様々で

起こりやすい人もいれば、起こりにくい人もいます。



好転反応が起こりやすい人の特徴としては



1, 自律神経が乱れがちの方

2, 普段あまり自覚がなくても体に無理をしすぎている方

3, いつもストレスを感じていたり、緊張していたりする方

4, 忙しくて、頭の回転が速い方

5, 慢性的な疾患や症状をお持ちの方

6, 我慢できてしまうので弱音がはけない方

7, 負けず嫌いで無理にでもポジティブに考えてしまいがちな方

8, 何でも背負い込んで自分で何とかしようと頑張ってしまう方

9, ご自身の体のケアにあまり関心がない方



このような方に、好転反応が起こりやすいと思います。



そして、慢性症状をお持ちの方や、持病をお持ちの方は

ご自身の自然治癒力が弱まっていることが多いので


ヒーリングやセラピーで体や心にアプローチをかけると

その弱まっていた自然治癒力の力がまた動きだしたりして

体や心の中で動きが生まれるわけなんです。



そうすると、ヒーリングを受けた方の細胞たちが、眠りから目覚めたように

「そうだ!僕達本来の働きをちゃんとしなきゃ!」という感じで

自然治癒力が働き始めて、ご自身で元の状態に戻ろうと動き出すんです。



この時に体や心の中は、今まで症状として落ち着いていた(表面化していない状態)ものが動き出して、一時的に症状が表に出てきて、悪化したように感じることがあるんです。




この好転反応で多いのが


1、 体がだるかったり重くなったりする

2、 頭痛を感じる

3、 首や肩、腰などのコリがひどくなったように感じる

4、 猛烈に眠たくなる

5、 トイレの回数が増える

6、 急に下痢気味になる

7、 古傷が痛くなる

8、 患部の痛みが一時的に増してくる

9、 心がざわついて落ち着かない



こんな感じの症状が好転反応として現れやすいです。

これらが、ヒーリングや療法のあと

半日から2日間ほどの間に一時的に現れてきます。




ただ、だれもがこういう反応がでるものでもないですし

好転反応がでなかったからといって

ヒーリングが効いていないわけでもないんです。



ではなぜ、好転反応がでるのかというと


緊張やストレスで縮んでしまったりこり固まっていた組織が

ヒーリングやセラピーで急激にその緊張やコリが緩んで伸びるときに

私たちはそれを痛みとして感じてしまいやすいんです。




たとえば、ヒーリングの後に頭痛を感じてしまう場合

仕事で毎日忙しくて頭をすごく使っているとか

他人のことを気にしすぎていて周りに気を使いすぎているとか

パソコンやスマホを一日中使っていて、電磁波を浴びることが多い方とか


そいう生活をしている方は、ストレスも多いですし

座りっぱなしの仕事で体を動かすことも少なかったりして

首や肩、背中や腰も凝り固まっていたりします。



そういう方は、肉体も脳も、結構がちがちに固まりやすかったりするんですね。



こういうがちがちに凝り固まっている身体の組織や細胞たちが

ヒーリングや療法を受けることで一気にゆるんでいったときに

例えば脳が緩んでいくと、脳圧が一気に下がったりして、頭痛を感じたりします。




ここで少し辛くはあるかもしれないですが

薬とか使わないで、半日ぐらいゆったりと体と心を休めて

お白湯を少しづつ何回ものんだり


ぬるめのお風呂に入浴できるようなら

おふろでゆったりとくつろいだり


ベッドで横になってゆっくり休んでいると

そのうち頭痛も引いていくことが多いです。



頭痛や体のだるさが取れたあとは

結構体が軽くなったように感じたり

疲れにくく感じたり


頭がすっきりして整理されたような感覚になって仕事がはかどったりすることもあって

結構気持ち良かったりします。



大体は、疲れをためすぎていることで

こういった好転反応があらわれてくるんですね。



ですので、そんなに疲れがたまっていない方や

普段からあまり無理をしすぎないようにしている方などは

好転反応がでることはあまりないです。



ということで、これらの好転反応と思われるような反応がでた場合も

それほど気にすることなく


「あぁ、いま心や体がもとの状態にもどってくれてるんだな~」


ってことで、


「じゃあこの際できるだけ私も心と体をやすめることに専念しようっと」


という感じで過ごしていただければと思います。

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page