ヒーラーとして新たな進化のスタート!


皆さんこんにちは


セラピアの末包ひろきです



今までの人生での

様々な人との出会いや経験

そしてヒーラーとして

僕が歩んできた道がつながり

今という僕がいます




その流れの中で

2021年2月上旬に

新しい出会いとご縁があり




ヒーリングということについて

深く

深く

考えさせられることがありました





今までの僕がやってきたヒーリングでは

ざっくりいうと

音・周波数を使って

心身の調整をしたり




アカシックリーディングや

音瞑想のセッション、

そして心の解放コースなどをとおして

クライエントさまの心にふれて

そこに根源的な心や魂の癒しにつながるようにと




そんな風にヒーリングに取り組んできていました




そしてセッションの最中は

僕自身はただのパイプ役となり

宇宙とクライエントさまとをつないで

エネルギーの中継をするように

ヒーリングを行ってきました



しかしそこには

パイプ役となりきることが大切だということは

頭でわかっていたのですが



本当の意味で

自分自身を高次元とのパイプ役に徹底させ

自分自身を無私の私へと昇華できていない部分があったことに

新しい出会いとご縁がきっかけで

気づくことができました



こういうことを記事にするのは恥ずかしくもあるのですが

それでも

新たな決意と共に


あえて記事にして

皆さんに読んでもらいたいと思い

今ブログ記事を書いています



例えば今回

僕が自分のヒーリングを思い返して気づいたことは



ヒーリングのツールや

そのやり方、テクニックに頼る傾向があるな~


とか



自分の力でヒーリングをやろうとしてしまっている自分がいるな~


とか・・・



※ 誤解を与えてしまったらいけないので

ここで補足をさせてもらうと

もちろん、ヒーリングに使うツールもとても大切なものだし

テクニックを研鑽することも

ヒーラーとしてとても大切なことではあると思います


今の話で僕が言っているのは

ツールやテクニック、ヒーラーとしてのスタンスや意識のことで

意識のバランスが

ツールやテクニックにかたよったり

自分がヒーリングしているという意識をもったとしたら

そこに

パイプとしての自分以外の意識がでてきて

主張し始めることになりかねません


そうなることによって

本来は高次元や源との共同でのエネルギーヒーリングが