6月16日 愛犬 モモ から教えられたこと


2019年6月16日 午前0:20分 愛犬 モモ が旅立ちました。

享年12歳。


僕にとっては突然で、早すぎる死でした。



その4日前。

すごく暑い日で、うちのわんこ4匹ともみんな暑さでぐた~ってなってました。

みんなぐた~ってなってたので、

「今日はあついからみんなしんだそうやな~」

ぐらいの感じ。


次の日、ほかの子は動いてるけど、モモだけはまだぐた~ってなってたので、調子悪いんかな??

でも、いつも寝てたらそのうち元気になってたから、今回ももう少し寝てたらまた元気になるんだろう・・・って思ってました。


仕事も忙しくて、たぶん大丈夫だろう・・・って、ちゃんとモモと向き合わずに流してしまっていました。



次の日、モモは起き上がってウッドデッキの上を歩いていたので、あっ、もうよくなったんかな??

なんて楽観的に考えていました。


その日の夕方、またぐた~っとなってるモモ。

仕事が終わって、夜になったけどいつもの動物病院はまだあいてるので、ちょっと心配になって連れていくことに。


せっかく連れて行ったのに、なんと運が悪くその日は休診でした。

で、もう一軒家からそう遠くないところの動物病院に連れて行ってみることに。



病院はまだ電気ついていましたが、診療時間は30分以上過ぎておりしかたなく次の日の朝に連れて行こう、といったん家に帰りました。



その夜、元気のないモモを

「大丈夫か?はよ元気になれよ」

なんて言いながら抱っこ。



夜も更けてきたころ、モモの後ろ足に力が入らないみたいで立てなくなっていてビックリ!

だけど、2,3にちろくにご飯も食べてないから力が出ないんかな?

なんて馬鹿みたいに楽観視していた自分。



明日の朝病院に連れて行って、点滴してもらえればよくなるだろう・・・



今思えば、なんてバカな俺!!

なんでことの深刻さにきづいてあげられなかったのか!



次の日、病院に連れていって超音波検査したり、血液検査したりして、その先生が言うには、腎臓が動いてないようで、今晩がとうげ・・・とのこと。

安楽死のことまで話始められ、まったく心の準備ができてない僕は、その事実を受け入れることができずにいました。



とにかく点滴をして様子を見るということで、その日も昼から外せない仕事が入っていたので、そのまま点滴してもらって夕方に引き取りに来ることに。



心の中は暗雲が立ち込めていたものの、

その時は、まだ僕の中で点滴して、音叉もいっぱいしてあげたら何とかなるのでは??

なんて甘いことを考えていました。



夕方、モモを迎えに行ったとき、その時の先生から安楽死を勧められましたが、

イヤイヤ!連れて帰って音叉で何とかしよう!

なんとかできる!

こんな突然、モモとお別れなんて絶対に嫌だっ!!!!

と、連れて帰りました。



帰ってからいろいろな事を試しました。

2時間ほど試しても、一滴もおしっこは出る気配もなく、モモはくるしそう。

心拍もはげしくて、その目に生気が戻る気配はありませんでした。




そして、やっと現実を理解しました。

モモはもう助からない・・・・



そこからは、ず~~っつと抱っこして、頭なでて体なでて、モモの名前呼びながら、こんなこともあったよね~、覚えてる?

なんて、妻と一緒にモモに語りかけていました。



その当時、かなり仕事や用事でハードな日々で、睡眠時間もあまりとれてない状態だったので、僕の方も疲労困憊になりながら、ベッドに連れて行って一緒に横になって、その時を